【間違いだらけ!?】MIX依頼時の正しいデータ形式と渡し方まとめ

D_MIXです!

今回は「MIX依頼時の正しいデータ形式と渡し方」についてまとめていきたいと思います。

一見初心者の方向けの内容に思えますが、

「熟練者の方でも間違えることがものすごく多い内容です!」

知らず知らずのうちにMIX師さんを困らせてしまっている場合もあるので、是非今回の記事で抑えて頂ければと思います!

今回の記事は、

MIX依頼時に渡すデータについて特化した記事になります。

MIX依頼時の全体的な注意事項まとめ はこちら↓
関連記事

こんにちは、D_MIXです!今回は、エンジニアさん(通称:MIX師)にMIX依頼をする際の注意事項についてまとめてみました。皆さんはMIXの依頼をする際、正しい方法で依頼できているでしょうか?わかっているつもりでも、知らず知らずのうちに[…]



歌ってみたの始め方必要な道具 についてはこちら↓
関連記事

こんにちは、赤沢シュンです!今回はPCでの歌ってみたの始め方、歌い手になる方法について解説していきます。僕自身、歌い手として8年間活動してきました。8年間で身につけた経験と知識を活かして、誰でも簡単に歌ってみたを始めることができる方法[…]

MIX時に必要なデータ

まずは歌ってみたのMIX依頼時に必要なデータについてです。

基本的に必要なデータは下記の2つになります

  • inst(カラオケ音源)
  • 録音したボーカル音源(メイン・ハモリ&コーラスパート)

ハモリやコーラスを録音していない場合は無しで大丈夫です!

データはたった二種類しかありませんが、注意する点はいくつかあるので一つずつ見ていきましょう!

絶対に守りたい7つのチェック項目

どれもMIX依頼をする上での必須項目なのでしっかりと抑えていきましょう!

頭出しを行う

頭出しとは、

”inst(カラオケ音源)とボーカルのタイミングを合わせることを言い、

歌のない無音部分も含めてボーカルを書き出すこと” です

例えば、3:00の曲だったら、頭出ししたボーカル音源もぴったり3:00の長さで書き出すことになります。

正しく頭出しができている音源をDAW上で読み込むと下記ようになります。

歌っていない無音(波形が無い)部分もしっかりと書き出されていると思います。

この頭出しはMIX師にデータを提出する際に必須になります!

必ず行ってからMIX師さんにデータを渡すようにしましょう!

実際の頭出しのやり方についてはこちらの記事にまとめているのでチェックしてみてください。

関連記事

赤沢シュンです!今回は「歌ってみたの頭出しのやり方」について解説していきたいと思います。一度でもMIX依頼経験がある方であればにこのようなことを言われたことがあるのではないでしょうか?MIX師頭出ししてあるボーカル音源をいた[…]

instとボーカル音源は別々で書き出す

時々、一緒に書き出してしまっている方がいますが、

絶対にNGです。

これをしてしまうと、MIXすること自体できません。

下の画像のように、必ずパート毎に書き出してからMIX師さんに渡しましょう!

声と声が被らないように書き出す

アップテンポな曲だったりすると、どうしても分けて録音しないと歌えない部分がありますよね?

分けて歌うことは全く問題ないのですが

1つのトラック内でボーカルの声が重なってしまうのはNGです。


下の画像のようにボーカルの声と声が被っている部分は、必ず2つのトラックに分けてから1トラックずつ書き出すようにしましょう!

データの形式はできる限りwav

録音した音源を書き出す際は必ず

サンプリングレート:44100Hz 以上/ビット深度:16bit以上の WAV形式

で書き出しましょう!

mp3でもMIXをすることはできますが圧倒的に音質が劣ります。
できる限りwavで提出しましょう!

INSTはステレオ、ボーカルはモノラル

こちらはとても多いミスなのですが、

ボーカル音源を提出する際は、必ず『モノラル』で書き出しましょう!

多いミスが故に、これができていたらMIX師さんに

「この人、できる・・・!!」

と思われるかもしれません(?)

下の画像のように

INSTは2本線、ボーカルは1本の線

 になっていれば問題ありません!

MIX依頼経験がある方は、これまでに提出したデータがこの形式になっていたか一度チェックしてみましょう!

エフェクトは全てOFF

音源にエフェクトがかかっているとMIX作業を行うことができません。

そのため、音源を書き出す際は、

リバーブやイコライザー等のエフェクトは必ず切りましょう!

エフェクトが何もかかっていない状態のことを『ドライ』とも言います。
MIX師さんから「ドライな音源をください」と言われることもあるので、その時はエフェクトを全てOFFにした音源を渡しましょう!

音源を提出する前に必ず再チェック

ここまで書いてきたルールをしっかり守って書き出したつもりでも、

書き出し自体をミスしてしまっていることがあります。

具体的には

  • 音源が途中で切れている
  • 違うトラックを選んで書き出している
  • ミュートになったまま書き出している

もし本家に無いアレンジ入れていたとしても、その部分が切れてしまっていたらMIX師さんは気付くことはできません。

そのままMIXをしてしまって完成音源を受け取ってみたら・・・

ということにもなりかねませんので、
そのようなトラブルを未然に防ぐためにも、

音源を提出する前に必ず書き出した音源の再チェックをしましょう!

準備したデータの渡し方

お疲れさまでした。

ここまで来たら、あとは準備したデータを提出するのみです!

提出の方法はいろいろとありますが、今回は最も定番なやり方をご紹介します。

まずはZIPファイルにまとめる

歌ってみたのMIXの場合、最低でも提出するデータは2つあると思います。

また、多い場合は10個以上になることもあります。

それらをバラバラに渡してしまうと、音源の確認や管理がものすごくやりづらいので、

複数のデータはZIPファイルでまとめてから提出しましょう!

やり方は下の画像の通りです。

Windows 10 の場合

Mac の場合

あとは待つだけでZIPファイルが完成します。

とても簡単なのでサクッと終わらせましょう!

ファイル転送サービスを使う

最後に準備したデータの送り方です。

基本的に準備したデータは

・ギガファイル便 → https://gigafile.nu/

などのファイル転送サービスを利用するのが簡単でおすすめです。

アップロードが完了したら、下の画像のURLをMIX師さんに送れば完了です!

とても簡単なので、是非使ってみてください!

まとめ

以上が『MIX依頼時の正しいデータ形式と渡し方』になります。

今回ご紹介した内容は

MIX依頼時に必ず行うべき内容

になります。

しっかりとルールを守って、MIX師さんと気持ちの良いやり取りをしましょう!

Shated StudioでもMIX依頼を承っておりますので、
是非お気軽にお問い合わせくださいませ!

それではまた!

 
 

MIXご依頼はこちら

機材をお得に買うなら

 

 

石橋楽器店


公式サイトへ